スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でもパブリックβが配信 「SOCOM4:U.S. Navy SEALs」

socom4_1.jpg

国内でも4月21日に発売予定の「ソーコム4:U.S.ネイビーシールズ」
海外ではマルチプレイオープンβが配信され、来る発売日に向け調整が行われていますが、
今回日本でもパブリックβが開催される事が発表されました。

期間は2011年3月30日(水)~2011年4月13日(水)の2週間。
今回遊べるマップは2種類、ルールは下記の製品版にある4つ全てだとか。

・制圧
敵チームを無力化することを目的としたルール。いわゆる「チームデスマッチ」で、より多くのキル数を稼いだチームが勝利する。誰もが楽しめるスタンダードなルール。

・情報
重要な情報データを奪い合うルール。攻守に分かれ、攻撃側は敵データポイントからデータを全て奪い、味方基地で通信すれば勝利。防御側はデータを1つでも守りきれば勝利。ダイナミックな展開が期待できるルール。

・防衛
コントロールポイントを全て確保し、敵司令部(コマンドコントロールポイント)の位置を特定する。特定した敵司令部にビーコンを設置することができれば、ビーコンから発信する信号で航空機に目標位置を連絡し、敵司令部を爆撃して勝利する。コントロールポイントを全て奪われてもビーコン設置を阻止すれば逆転できるため、1つのゲームで様々な局面が現われるルール。「MAG」の人気ルールを「SOCOM」向けにアレンジ。

・爆弾処理
攻撃側と防御側に分かれ、爆発物解除をめぐって攻防するルール。攻撃側の爆弾処理兵が全ての爆発物を解除すれば攻撃側が勝利する。1つでも爆発物が無事なら防御側が勝利する。爆弾処理兵はチームで1名のみで、移動速度は他のプレーヤーよりも遅いが、厚い装甲を着込み、特別な武器を装備している。他のプレーヤーと明らかに異なる外見は、ゲームプレイに変化をもたらす。映画「ハートロッカー」で感じたような緊張と興奮、独自の駆け引きが味わえる「SOCOM 4」の目玉ルール。

※各ルールで「クラシックモード」も選択可能
全4種類のルールでは、「クラシックモード」も選択可能。「クラシックモード」では体力回復、リスポーン一切無し。戦場の緊張感を再現するシリーズ伝統のゲームプレイが楽しめる。


これらのマップとルールが1日おきに変更されるそうです。
更に、パブリックβに参加した人は製品版にて、下記の"ショットガン"がプレゼントされるとの事。

s-socom01.jpg

32人対戦以外にも、5人まで参加出来るCo-opモード、そしてMoveや3Dにも対応の今作、注目です。

SOCOM 4: U.S. Navy SEALs ( 初回封入特典:ダウンロードコード同梱 )SOCOM 4: U.S. Navy SEALs ( 初回封入特典:ダウンロードコード同梱 )
(2011/04/21)
PlayStation 3

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/99-6bc7b90b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。