スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記:SCEカンファレンス感想

さて、SCEカンファレンス終了しました。
最初に全体的な感想を言うとすればまぁ「良かった」んじゃないかと。

ゲーム以外の話が長い、という部分もありましたが、新作も予想していたよりありましたし、
携帯機に相性の良い協力系アクションがあったのも良い。

文句があるとすれば「PS3の値段」ですよ。
12GBモデルは日本でも発売すべきだったのではないか、と。
出さないにしても、多少なり値段は下げるべきだったのではないかと思うのです。
HDDの容量を増やすのはいいと思います、わざわざ少ない容量のままにしておく理由はありません。
数の出ない低容量のHDDよりも、数の出る大容量HDDの方が生産コストも安く済みますしね。
しかし、本体のデザインを替え、コスト削減出来たなら値段も少しは下げるべきだったのではないか。

年末には任天堂のwiiUが発売されますし、そこに合わせて購入し易い値段で提供するのは定石だと思います。
まぁ下げて逆ザヤ、というなら下げろとは言いませんが…

さて、良い部分に注目すると、やはりVitaの新作ですね。
気になったのはコーエーテクモの「討鬼伝」と、バンダイナムコの「ゴッドイーター2」
特に前者は公開されたのはティザー映像だけながらも、Vita版の開発がSCEとのタッグという事もあり、様々な面で期待したいところです。
GE2も、PSP版から強化されたグラフィックと操作性という事で、ポストモンハンの座を物に出来るのか期待。

しかし据え置きフリークとしてはPS3の新作が一本も無かったのが残念だなぁ…。
少し前に国内商標登録があっただけにThe Last of Usの日本版発表とか期待してたんですが。

年末が弱いVitaですが、来年発売の新作も見え始め、新色も登場し、ようやく流れが見えてきた感じがします。
今後もこの調子で新作発表が続けばいいんですがねぇ。

関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/782-5e8cac22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。