スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Heavy Rain」や「BEYOND:Two Souls」のDavid Cage氏、インタビューにてSCEを賞賛

beyond-two-souls.jpg

アドベンチャーゲームの新たな方向性を提示した意欲作「ヘビーレイン」を手掛け、
現在、その精神を継ぐ大作「ビヨンド:トゥーソウルズ」を製作中の"デイビット・ケイジ"氏。
「今のゲーム業界はピーターパン症候群に陥っている」など、ゲーム業界に向けた辛辣な言葉を残している氏ですが、
今回、新作ビヨンドのインタビューにて、パブリッシャーであるSCEに対して賞賛の言葉を贈りました。

リンク:David Cage氏がSCEを賞賛「完全な自由を与えられている」

今の業界では「続編にしろ」とか「FPSにしろ」「マルチプレイを搭載しろ」という命令がほぼ当たり前の様にあるのでしょうが、
ケイジ氏はひとつも命令される事なく、自由にやらせてもらっているとの事。
そうしたゲームは予算が少ないのが常なのに、今作は大きな予算を提供されている事は非常に稀だとしています。

SCEらしいですねぇ。
SCEJのパペッティアやRainなど、オリジナリティある作品にお金を使うのはいい事だと思いますね。
王道もいいですが、そればかりだと飽きるので。
関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/770-bc194c25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。