スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Uncharted 3」2年という短期間であの美麗グラフィックはどの様にして作られたのか、裏側に迫る

2-yemen-intro-market-1.jpg

2011年に発売され、数々の賞を獲得し、中でも「グラフィック」関連の賞を総なめした「アンチャーテッド-砂漠に眠るアトランティス-」
開発に携わるノーティドッグは業界屈指の実力集団ながら、総勢200名程度の小中規模スタジオ。
アンチャーテッドシリーズは2年周期という短いスパンで製作されており、
それでいながら毎回グラフィック関連の賞を受賞する程のクオリティを誇っているのが特徴です。
少ない人数と短い製作期間、それなのにどうやってこれ程のクオリティを維持出来るのか。
それには裏でノーティの作業を支える別の会社の存在があった様です。

リンク:【CEDEC 2012】「アンチャーテッド3」のアウトソーシング AAAタイトルのシングルプレイ環境を台湾XPECが提供した方法

「台湾XPEC」という会社、この存在無くしてアンチャーテッドは語れないと言えるでしょう。
アンチャシリーズを作る時、ノーティはコンセプトアートと資料、そして一部エリアの最終ビルドのデータを提示して彼等に任せるそうです。
与えられた資料とテキストデータを基に製作を進め、時にはノーティと話し合いディテールを詰めていきます。
こうして外に頼む事で、ノーティは少ない人員を割く事無くゲーム製作に打ち込める訳です。
だからと言ってノーティにこのレベルのグラフィックを作る力が無いって訳ではないんですよ。
正に画像の場面なんかはノーティが作った箇所で、個人的に一番クオリティが高いと思った場面でした。

この会社にはアンチャシリーズ通して委託している様なので、新作のTLOUも任せているんですかねぇ。
TLOUの場合特にゲームプレイに力を入れている様なので、ノーティとしてもグラフィック面は任せられるところは任せたいのではないでしょうか。
台湾XPECさん、宜しくお願いしますよ!!
関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

the last of usでも「台湾XPEC」に仕事を任せてるのかな

>zatoさん 

もしアンチャ3のスタッフが合流していればグラフィック関連もノーティ内で済ませられそうですが、
TLOUチームだけだと100人程なので、やはり委託しているかもしれませんね。

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/769-00c5a4f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。