スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Uncharted 3」の「3D」を体験してみました。ついでに3DTVについて。

uncharted3-3D.jpg

海外では今年11月に発売予定と、発売までまだまだありながらも徐々に情報も出てきた「アンチャーテッド3」
そんな今作は、SONY大プッシュの「3D対応ソフト」となっています。
海外のイベントなどでは既に3Dでの上映などもされており、そこに行けないファンは悔しい思いをしている今日この頃なのですが、

なんと今回! 欧州/北米Play Station Storeにて、「Uncharted 3:3D Trailer」が配信されました!

そんなモノが配信されたとあっては、アンチャーテッドファンかつ3DTV所持者の私としては観ない訳にいきません。
という訳で早速DLして、視聴してみました。

感想等は続きから。

内容に関しては、VGA2010にて公開された物とほとんど同じ物です。
ただし、ラストのゲームプレイ映像部分が横並びではなく、
1つ1つを全画面表示して見せていくタイプになっていました。(このVer.はVGAの後のイベントで公開されていました。)





丁度このトレーラーのラスト部分が変わってる感じですね。

観た感想を一言で表すならば、「凄い」です。
ゲームプレイ部分までは、立体感があって「おぉ」という程度だったんですが(十分感動してましたが)、
ゲームプレイ部分に入った瞬間変わりましたね、こればっかりは観て頂かないと伝わらない凄さです。
ネイトが窓に向かってジャンプして突き破るシーンは3Dの恩恵が十二分に感じられます。これぞ「飛び出る」という感じ。
その場面以外もかなり立体感があり、迫力が3割から5割増ししたのではないでしょうか。
KILLZONE3も3Dでぶっ続けプレイし十分凄いと思いましたが、アンチャーテッド3はそれ以上に3Dの凄さが伝わりそうです。
確実に3Dで初回プレイします、待ってろアンチャーテッド3。


感想の後は少し「3DTV」についてなど。
家電量販店などで3DTVを体験した人は分かるかもしれませんが、基本的に飛び出るという感覚はほとんどありません。
飛び出る様に見えるのは画面奥からこっちに来た時ぐらいで、基本は「立体的に見える」とか「浮き出てる」とかのレベルです。
とはいえそれだけでも臨場感は相当に増すので、ゲームとの相性はかなり良いと思います。慣れはありますけどね。

ただ、個人的にはそんなに気にならないんですが、問題点はやはり「眼鏡」でしょうか。

映画などでもそうですが、やはり眼鏡が煩わしいという人が多い。
確かに普段眼鏡をしていない人にはそれだけで違和感ですし、眼鏡をしている人は二重にしなければいけないので面倒ではあります。
とはいえ、眼鏡無し、所謂「裸眼3D」はフィルターを通さず目に直接錯覚を起こさせるので疲労感が凄まじい事に。
それに加えて視野角が狭いので、頭をずらすと途端に3Dには見えなくなるというデメリットも。
眼鏡無しで眼鏡有りのレベル程楽しむにはまだまだ時間が必要かと思われます。

一応眼鏡をしてみると、そこまで邪魔ではないかな、という印象。
まぁ私は普段目付きの悪さを誤魔化す為にコンタクトではなく眼鏡をしている分慣れているのかもしれませんが…。
普通の眼鏡と二重に掛けても、「眼鏡有りでも掛けられる様に」という設計になっていますので、重なって痛いとかはありません。
慣れてしまえば普通に3Dを楽しむ事が出来ると思います、が。
眼鏡の割にちょっと重いですねこれ…センサー内臓でTVと同期させないといけないので、中身がちょっと詰まってます。
もう少し軽ければ、眼鏡が煩わしいという考えも少し薄まると思うんですけどねぇ…。

因みに、今3DTVはかなり安くなってきました。
価格.com調べだと、SONYのBRAVIAの40インチで8万5千円、46インチで13万程度(私は46インチを買いました)。
「それでも高い…」という人には、PCディスプレイがお勧めです。
それがコチラ。

acer 23.6インチ 3D対応 ワイド液晶モニタ 最大解像度1920x1080 入力端子ミニD-Sub15ピン HDMIVer1.4a スピーカーあり ブラック HS244HQbmiiacer 23.6インチ 3D対応 ワイド液晶モニタ 最大解像度1920x1080 入力端子ミニD-Sub15ピン HDMIVer1.4a スピーカーあり ブラック HS244HQbmii
(2011/02/25)
日本エイサー

商品詳細を見る


23.6インチと、TVに比べれば小さいですが、手軽さでこれに勝るものはありません。
なんとお値段4万5千円。安い。
3Dブルーレイなどの特典映像はサイドバイサイド方式が多く、このモニタは対応していませんが、ゲームをやる分には全く心配無し。
TVが観れない問題も、PS3とtorneがあれば観れる様になるので、個人の部屋に置く場合とかも良いかもしれません。

長くなりましたが、この辺で3DTVの話は終わりです。
最後に、個人的には3D対応作品はもっと増えて欲しいと思っています。
3DTV買った手前もありますが、ゲームとの相性を考えるといろんな人にやって頂きたい。
映画的なゲームだと尚更相性がいいと思うんですよ。アンチャーテッドは当然として、MGSとかも。
店頭体験とかでもっと広めるべきだと思うんですけどねぇ…頑張れソニー!!

関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/73-02db463e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。