スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記:SCEフランチャイズについて少し考えてみる

SCE1st.jpg

今世代機になって、SCEファーストスタジオの評価がかなり高くなっています。
(元々PS2時代でも上田作品やゴッドオブウォー、ジャック×ダクスターは評価されていましたが)
しかし、ゲームの評価とは裏腹にセールス面では振るわない場合が多々…。
インソムニアックゲームズも「レジスタンスシリーズはもう開発しない」という宣言をし、新規IPの開発に着手しています。

そこで、続編・新規IPを含め、SCEフランチャイズについて個人的に少し書いて行こうかと思います。
まず、今後も続くであろうフランチャイズ。

既に宣言されている作品として「グランツーリスモ」がありますが、それ以外で続くと思われるのは、
「アンチャーテッド」「ゴッドオブウォー」「キルゾーン」「インファマス」辺りでしょうか。

アンチャーテッドはノーティから「三部作ではない」という発言がありますし、The Last of Usとは別のチームも存在しています。
更に、ノーティは「次世代機向け作品制作」におけるスタッフも募集しており、可能性は一番高いと思われます。

GOWはここ最近4の噂が多くなってきており、サンタモニカの沈黙も相まって「もうすぐなのでは」という意見が多いです。
とはいえ、新規IP開発の話もあり、次回作がすぐにGOW4かどうかは分かりません。

キルゾーンはエンディングが続編を匂わせる内容でしたが、新規IPも製作中という話もあり、可能性は五分五分でしょうか。

インファマスですが、ファースト化したサッカーパンチが新規IPやスライシリーズの新作を作る可能性もあります。
しかし、スライは別スタジオ開発でスピンオフが製作されており、同時期にサッカーパンチ製作のスライ新作が出るという事は無いと思います。
個人的にはインファマス3が出るのであれば次世代機が望ましいと思っているのですが果たして。


そして続くかどうか分からないフランチャイズ。

「モーターストーム」「ソーコム」「リトルビッグプラネット」

モーターストームもレジスタンス同様、シリーズを重ねる毎にセールス面で振るわなくなってきています。
3作目である「アポカリプス」では大きく方向性を変えましたが、それが良かったのか悪かったのか。
VitaでもRCというスピンオフが発売されますが、今後も続くかどうかは微妙なところかと言えるでしょう。

次にソーコム、こちらも可能性は低いと思われます。
評価も売り上げも言ってしまえば地味でしたし、開発元のジッパーはVitaで新作のUnit13を製作中。
もし据え置きで製作するとすればMAG2ではないかと個人的には思っています。

そしてリトルビッグプラネット。
売り上げや評価は続編を出すには申し分ない作品ですが、開発元のMmは考え付くだけの要素は入れ込んだとも述べており、
更に、新規IP向けとも思える技術開発への投資も行っている事が明らかにされ、Mm製作のLBPが今後発表されるかは分からないところ。

という感じでしょうか。
もしかしたらシリーズとして振るわなくなってきた作品はVita向けにシフトするかもしれませんねぇ。
個人的意見としてはSCEファンなので全てのフランチャイズが残ってほしいんですけど。
今年にはまた様々な作品の発表があるでしょうし、期待して待とうと思います。
当面のSCE期待作はThe Last of Usですかね。
関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/635-c385bfc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。