スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game Music.015「Sign」-ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章-

管理人の琴線に触れたゲーム音楽を、思い出や概要を交えながら紹介するカテゴリ「ゲームミュージック」
久々となる今回は漫画原作、所謂「キャラゲー」からの1曲です。



今回紹介したのはベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章から「サイン」です。
この曲はゲームのオープニングとエンディングで使われており、アニメなどでは使用されなかった今作の為だけの書き下ろし楽曲となっています。
作曲をしたのはアニメの曲と同じく「平沢進」氏。アニメ版ゲーム版共に原作者の三浦建太郎氏たっての願いで起用されています。
「ベルセルク」と言えば、ヤングアニマルで不定期連載中のNo.1ダークファンタジー漫画です。
以前「鋼の錬金術師」が「No.1ダークファンタジー漫画!!」とかいうキャチコピーで宣伝してましたが、確実にNo.1はベルセルクです。無論ハガレンも好きですが。
だってあんなに黒いファンタジー漫画無いですよホント、数巻掛けて描いた黄金時代編を締めくくるのがあの"蝕"な訳で…
あれ以上の出来事を描いてる漫画って数える程しか無いと思います。
ここ最近は展開の遅さや以前までのドス黒さが減ったからか前に比べるとつまらないと言われてますが、個人的にはまだまだ好きですな。
"ドラゴン殺し"は漢の夢が詰まってる武器ですからね、エグい描写が駄目でなければ確実に楽しめる漫画だと思いますよー。

さて、この曲。
世界観にマッチしているのは勿論、ネットでも結構人気がありますね。
個人的に印象的だったのは、発売当初まだ無名だった「デモンズソウル」の映像と合わせた動画。
デモンズはベルセルクの影響がかなり強い感じがするデザインなだけにマッチし過ぎていて、「お勧めする時にはこの動画がいいな」と思ったり。
曲だけでなく、このベルセルクのゲームもキャラゲーにしては完成度も高く、かなり楽しめた作品でした。
まぁストレスになる部分が無い訳ではないんですが、爽快感はあるので主人公ガッツになりきれる感じ。
曲も作品もベルセルクファンにはお勧めです。

ではまた次回。
関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/442-1143d6f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。