スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ICO」&「ワンダと巨像」HDリマスターは"MLAA"対応で超滑らかな映像に

世界中のクリエイターから、毎作尊敬され注目されている日本のゲームクリエイター"上田文人"氏。
そんな上田氏の代表作である「ICO」と「ワンダと巨像」がPS3でHDリマスターされ生まれ変わる訳ですが、
この2つは「ゴッドオブウォー3」「キルゾーン3」「リトルビッグプラネット2」など、SCEタイトルで活用されている"MLAA"が採用されている事が判明しました。

humito_ueda_twitter.jpg

このMLAAというのは「アンチエイリアス」の一種で、画面上のギザギザ、所謂「ジャギィ」を軽減する技術です。
つまり、ただHDになっただけでなく滑らかなエッジを描いたグラフィックを堪能出来る様になったという事です。素晴らしい!!
ある種技術の無駄遣いな感じもしますが、綺麗になるなら喜ばしいじゃないですか。雰囲気を楽しむゲームでもあるだけに尚更楽しみですねー。
関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

たしかGOW3もMLAAでしたよね
ジャギなさそうですしすごい楽しみです

>名無しさん 

そうですねー、最近のSCEタイトルには結構使われている技術でGOW3、KZ3、KBP2、モタスト3とかはMLAAですね。
となるとトリコもMLAAを使うんでしょうか。気になります。

 

MLAAを一般的に使えるようにしてくれて本当に良かった。
ファースト以外にも広まって欲しいですね。

やっぱり、ジャギは気になりますし。

>なな~しさん 

一応難点も無い訳ではないんですけどねー。
とはいえ、GPUの負荷を減らした上でAAを掛けられる訳ですから、ドンドン使って欲しいものです。
なんでもEAはPS3に最適化されたMLAAをとても評価しているらしく、マルチタイトルでも使っていくそうです。

ジャギと言えばインファマス2がnoAAっぽいのがショックでした…。

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/370-f822fd7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。