スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game Music.014「JAZZY NYC '99」-Street Fighter III 3rd Strike-

管理人の琴線に触れたゲーム音楽を、ゲーム概要や思い出と共に紹介していくカテゴリ「ゲームミュージック」
今回はまたも紹介率の高い格闘ゲームからの1曲。



今回紹介したのは「ストリートファイター3-3rd ストライク-」から"JAZZY NYC '99"です。
私は格ゲー好きではありますが、そこまで上手くないので実はスト3rdが苦手だったりします(ヴィジュアルは一番好きなんですが)。
なので、あまりシステム的な部分は深く語れません。まぁそういうコーナーでもないんでいいんでしょうけど。
さて、この曲が使われるのはストシリーズでは第2の主人公と言っても良い"ケン"と、スト3シリーズで新たな主人公として登場した"アレックス"のステージ。
今回はそのアレックスについて少し話します。
スト3は開発期間が長く、実の所先に稼働した"ZERO"シリーズよりも先に企画は始動していました。
1994年に始動したにも関わらず、様々なタイトルの開発を優先する事となり、実際に稼働し始めたのは1997年。
更にスト3シリーズ1作目の"ストリートファイター3-ニュージェネレーション-"はその開発長期化によって製作途中での稼働だったと述べられています。
ゲーム面での未完成で荒削りな部分だけでなく、リュウとケンを除く全てのキャラが一新された事も違和感を与え、お世辞にも好評とは言い難い結果に。

ゲーマーとしてはやはりシステム面に目が行くのでしょうが、ストシリーズは格ゲーの中でもポピュラーなタイトル。
普段あまりゲームをやらない人も興味を持つ訳ですが、そうなると前述した新主人公"アレックス"が違和感を与える訳です。
リュウやケンは後の格ゲーの主人公キャラの基本とも言えるキャラで見た目もド真ん中に格闘家、性能も所謂"波動昇竜"タイプのスタンダード。
そこに二人とは真逆なレスリング使いのパワータイプキャラクターが主人公として登場したのですから、一般的な反応も芳しくはないでしょう。
ネット上では"主人公(笑)"と呼ばれるアレックスですが、キャラ自体は悪くないだけに、「主人公じゃなかったらそこそこ人気になり得たろうに…」とも思います。
むしろ今こうやってイジられてるのがある種人気の証明なのかもしれませんけど。
可哀想なのが、"スト4"シリーズに3rdのダッドリー、いぶき、まこと、ユン、ヤンが参戦しているにも関わらずアレックスは追加されない事。
まぁだから「主人公(笑)」って言われてるんですけどねぇ…頑張れアレックス。

さて本題の曲ですが、この曲はスト3一作目からアレンジを加えて3rdまで使用されています。
やはりその中ではこの3rdのアレンジが一番好きですね、シンプルにまとめられていますしテンポが良い。
メロディラインもさることながら、リズム隊のアレンジが心地よく、自然と身体がリズムを刻みますな。
3rdはヴィジュアルだけでなく音楽も好きなのであと幾つかは紹介したいところです。

ではまた次回。
関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/301-34cd6a69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。