スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後のフェイシャルモーションはこうなる!! 最先端技術を「Janimation」が公開

今のゲームと言えばリアルな3Dグラフィックで表現され、その動きも実際にアクターが演技し、ゲーム内に反映されています。
しかし、リアルになればなる程、"表情"の不自然さが目立ち、統合性が取れなくなってきます(所謂"不気味の谷"現象)。
そこで最近では"L.A.ノワール"が"モーションスキャン"という技術で、実際の表情を取り込む事でその現象を回避し、ゲーム性にまで落とし込みました。
ただしこれには1つ問題があり、「モデルの存在しないオリジナルのキャラクター」に対してはこの技術は使えないのです。
しかし!今回その状況を打破するであろう技術の最新デモが公開されました。



この技術を公開したのは"スパイキッズ"などの映画で有名な「ジャニメーション」
元々「ヘビーレイン」などで顔にポインターを付けて表情をデータ化する事はしていましたが、今回の技術はそれを更に向上させたものになります。
この技術が一般的になれば、今後のゲームは更にリアルになり、喋らずとも表情で感情を表現する事なども可能になるでしょう。
更に表情豊かになったアンチャーテッドとかやりたいなぁ…いやぁ技術の進歩は楽しくて仕方ないですね。
関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

こういった技術の話は夢が広がって良いですね。

FFなどのファンタジックなゲームはどうしてるんでしょう。あれは寧ろアニメーションの延長上か何かなのかな。

>なな~しさん 

ゲームに反映されればいいんですけどw
アニメ系統は難しそうですねぇ、特に人外系は厳しそうですがなんとか出来ないものか…

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/290-1156a723
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。