スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game Music.011「Fly Me To The Moon」-Bayonetta-

管理人の琴線に触れたゲーム音楽を、ゲーム概要や思い出と共に紹介していくカテゴリ「ゲームミュージック」
今回紹介するのは、日本でも有名なあの曲をゲームに合わせてアレンジしたものです。



今回紹介するのは、デビルメイクライや大神の神谷英樹氏が贈るクライマックスアクション「ベヨネッタ」から"フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン"
日本ではアニメ"新世紀ヱヴァンゲリヲン"のED曲として起用され、若者にも認知されています(エヴァの曲だと思っていた人も多いみたいですが)。
この曲は元々1954年に「In Other Words」というタイトルで作曲され、その2年後ポーシャ・ネルソンという人物がカヴァー。
その時に初めて「Fly Me To The Moon」というタイトルで発表されます。
そして現在多く耳にするボサノヴァ風のアレンジを広めたのは、かの有名な「フランク・シナトラ」
その後数多くのアーティストにカヴァーされ、現代まで愛され続けている訳です。(宇多田ヒカルもカヴァーしましたね。)
その様々なカヴァーの中でもこのベヨネッタのアレンジはかなり特殊な部類と言えるでしょう。
ジャズィーでありながらアップテンポ、打ち込みも多く、他にはなかなか無いジャンルに仕上がっている感じがします。
ベヨネッタの音楽はかなり完成度が高いので、ゲームが上手くなくともそれだけで心地よいですね。

肝心のゲームですが、完成度は非常に高いですし、神谷氏の意表を突いたアプローチも理解出来ます。
しかし、あまりに長いシューティング&バイクステージ、即死するQTEなどは流石に有り無しで言えば無しかな、と。
なによりもPS3版が外注丸投げで酷い出来だったのがユーザーとしては悲しいところです。(ロードはパッチで改善されたので前よりはマシかも)
せめてCMの通り田中敦子さんの吹き替え音声も収録されたら手元に残しておいたんですけどね。
それはともかく、神谷氏の次回作にも期待です。

ではまた次回。
関連記事
スポンサーサイト
Author by 無月 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://gamesukiblog.blog40.fc2.com/tb.php/275-bb79f839
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。