スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記:Pixivに新しいイラスト一点アップしました。

多分今年最後の記事投稿になります。

イラスト投稿サイト「pixiv」に、新しいイラストを一点アップさせて頂きました。



グリム童話の"赤ずきん"をモチーフにしたキャラですね。
ゲーム会社各社様、こういう設定のゲーム、出しませんか?(チラッ)

しかしまぁ今年は駄目ですねぇ。
ブログ更新も頻度が下がり、イラストも全然数を仕上げられず…
来年はどうにかしたいんですがどうなるやら。
明日明後日は仕事が地獄と化すので、どうにか乗り切りたいです。年始も地獄なんですけど。
関連記事
スポンサーサイト

『東京へ行こう』※視聴前に説明文一読必須



えー、まず最初に。

今回の映像はゲームと全く関係ありません。
もう一つのブログのテーマである「絵」に関係する事でもありません。
ただ単に私が「あるイベント」に参加する為に東京へ行った際に撮影した映像を編集しただけです。

更に、とてつもなく長いです。

約40分という総尺に、あらゆるグダグダが詰め込まれています。
見た後に「時間を無駄にした」と思う事ほぼ確定な映像なので、物凄く暇でもう何もうやる事が無いって時に見て下さい。

仕事が忙しいのも勿論あったんですが、これを編集していたので更新が出来ませんでした。
本当はもっといろいろやりたいんですが、初めてじゃこれぐらいが限界でした。

所々至らない動画ですが、見て頂けると有り難いですね。
まぁ見ても損するだけなんですが。
関連記事

ご無沙汰しています

かなり期間が空いてしまいました。
いろいろ気になる情報はあるのですが、ちょっとまだ更新出来そうにありません。
明日、出来たら少し更新したいところです。
今ゲームとは関係ない、もう一つのブログ(イラスト)とも基本的には関係ないモノの作業をしてまして、
それに手間取っている状況です。
なにせ初めてやる作業だらけなので、明日終わるかどうかって感じですね。
一応完成したらここでも向こう(絵関係ブログ)でも公開する予定ではいます。
まぁ大したものでもないので見て面白いと思って頂けるかは保障しかねますが。
あと去年もそうだったんですが、取り敢えず年末年始は仕事が物凄く忙しいので、更新が確実に出来ません。
更新再開は5日過ぎになると思うので出来れば明日辺り更新しておきたいですね。
こんな更新頻度の低いブログに足を運んで頂き有り難く思っております。
関連記事

VGA2012:謎の新作「The Phantom Pain」が発表 MGS5という噂も海外で白熱



全米放送された本日のVGA 2012にて、突如謎の新作「ザ・ファントム・ペイン」が発表されました。
失った体の部位がまるであるかの様に痛む「幻肢痛」という病名を冠したこの作品。
開発会社も全く知られていない会社、更にパブリッシャーも発表されていないこの謎のタイトルですが、
海外では「メタルギアソリッド5ではないか」という噂が各所で立っている様です。

その理由として、まず分かり易い部分で主人公と思われる人物の容姿がシリーズ主人公のスネークに酷似している事。
二つ目に「THE PHANTOM PAIN」と映し出された映像部分のロゴの上部に「METAL GEAR SOLID V」の文字がオーバーラップしている様に見える事。
そして最後に、この謎のスタジオのCEO「Joakim Mogren」という名を並び替えると「KOJIMA」と「Ogre」という単語が出来る事。
KOJIMAはご存知MGSの生みの親「小島秀夫」監督、Ogreは監督が語っていた「鬼企画(Project Ogre)」を意味するのではないかと噂になっています。

多分私もそんな感じがするんですよねぇ。
なにせ「FOXエンジンでサイレントヒルを作ったら」という旨の話もツイッターで語っていましたし、
その会話が今回の布石になっていたのではないかなぁと。
鬼企画も業界のタブー云々という事でしたし、体を欠損した事をメインに据える作品は今まで無いでしょうからね。
倫理的に見てもなかなか触れたくない(触れ辛い)部分だと思います。

この映像は全てリアルタイムで作られたもので、発売はPS3/Xbox360で予定されているとの事。
更なる続報が期待されます。
関連記事

VGA 2012:「The Last of Us」海外発売日が2013年5月7日に決定!最新トレーラーも公開

SCEWWSにおいて、トップクラスの技術力を誇る「ノーティドッグ」が贈る完全新規IP「ザ・ラスト・オブ・アス」
今作の海外での発売日が2013年5月7日になる事が、本日行われたVGA2012にて発表されました。

更に、圧倒的なクオリティを見せ付けるトレーラーも公開。
その衝撃的な内容に興奮する事必至です。



なんなんだこれは…
我慢出来るワケないじゃないですか!!
こんなにワクワクしてるゲームは久々、むしろここまでは初めてかもしれません。
私はグラフィックが綺麗なゲームを見るとワクワクするタイプですが、
今作はグラフィックだけではなく、キャラクターのしぐさや表情、行動など全てがハイクオリティ過ぎて、
グラフィック以上にそこに目が行きます。
このトレーラーで言うとグレネードを投げて爆発した後、身を丸めて耳を塞いだりするところですね。
あぁいう職人的なこだわりが異常なまでにワクワクさせてくれます。
ちょっと日本版の規制が心配で仕方なくなってきましたが、日本版やって話を理解した後に海外版やりますかな。
ベストは海外版にも日本語字幕(ないし日本語音声)が収録されている事なんですが。
早く日本版の発売日と吹き替えキャスト発表してくれないかなぁ。
関連記事
Author by 無月 / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。