スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年末、発表済みから希望したいモノまで「2012年に期待するゲーム」を考えてみる

2012.jpg

「バイオショック」シリーズを手掛けるKen Levine氏すらも「2007年来の豊作年だった」と述べる程の充実した2011年。
近年の主流であるFPSは2大巨頭「COD:MW3」と「BF3」が発売し、マーケティング面・セールス面両方で北米市場を大いに沸かせました。
ハード専用の代表作「アンチャーテッド3」、「GoW3」、「ゼルダの伝説」も発売され、それぞれのハードを盛り上げる事に。
更にPC畑からのCS参入もあり、GOTY受賞作の続編であるValveの「Portal2」や、カーマックの久々の新作「Rage」も登場。
他にもR★の意欲作「L.A.Noire」や、世界一のキャラゲー「バットマン」、国内からは「ダークソウル」など、素晴らしい作品の数々。
そしてなんと言っても「TES V:Skyrim」が多くのユーザーと開発者達に驚きと興奮を与えました。

来年というと、流石に今年程の大作揃いではないにしろ「マスエフェクト3」や「バイオショック:インフィニット」が出るなど、
やはり休んでいられない様な年になる予感がします。

そこで、「2012年に期待するタイトル」を、既に発表されているものから出て欲しいという希望なども含めて書いていきたいと思います。

管理人の期待する作品は続きから。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

噂:『God of War IV』はクレイトスと弟デイモスの二人が主人公でCo-op搭載

Deimos-god-of-war-3.jpg

以前から何度か噂となっているシリーズ最新作「ゴッドオブウォー4」
前作の衝撃的なラストから、「シリーズは新展開を見せるのでは?」や「新たな地でまたクレイトスが神に挑む」などの様々な憶測が飛び交っている訳ですが、
今回、海外のゲーム誌"PlayStation Magazine"の噂コーナーに
「GOW4はクレイトスとデイモスの二人が主人公で、オンラインCo-opが実装される」という話が掲載されました。
他にも物語の設定は「二人の主人公を操作し、地獄から再び這い上がる事になる」とされており、なかなか気になる内容。

しかし、あくまでも噂であり、サンタモニカ自身新規IP製作の話もしていただけに、可能性は薄いと思われます。

とはいえこういうアクションでCo-opってどうなんでしょう。
ニンジャガイデンΣ2のCo-opはそこそこ評判良かったみたいですけども。
オンラインで2人となるとグラフィックかfpsどちらかが犠牲になりそうでちょっと嫌ですねぇ。
関連記事

「Street Fighter × Tekken」風間飛鳥参戦トレーラー公開

カプコン×ナムコの久々タッグで贈るクロスシリーズ最新作「ストリートファイター×鉄拳」
初期トレーラーで声のみが収録され、参戦が噂されていた鉄拳キャラ「風間飛鳥」
今回、そんな飛鳥が正式に参戦する事が明らかにされたトレーラーが公開されました。



前述した声と、リリのタッグパートナーがいない事から飛鳥は確信してましたけどねぇ。
他にもまだキャラいるんでしょうか?
過去のカプコン格ゲー作品とは違い、能力に直接関係するカスタマイズ要素も実装された今作。
2012年3月8日の発売を予定しています。
関連記事

雑記:第一関門クリスマス突破、1月5日までは厳しい日が続きそうだ…

飲食店のバイト、12月後半から1月前半まで非常に厳しくなります。
今日第一関門のクリスマスをクリアした訳ですが…いやーキツかった。
一番忙しい大晦日とか考えたくないなぁ。

ここ数日の更新停滞もそこら辺が原因です。
1月頭までまだ滞ってしまうと思いますが、お許し下さい。

出来るだけ頑張って更新していきたいですねぇ。
関連記事

雑記:「アンチャーテッド-地図なき冒険の始まり-」クリア

ngp_uncharted_high0007.jpg

シリーズ初の携帯機、そして初スピンオフタイトルである「アンチャーテッド-地図なき冒険の始まり-」クリアしました。

携帯機でスピンオフとなるとボリュームもそんなに無いのかなと思いましたが、そんな事はなく、
チャプターはなんと32もあり、クリアまでの時間も本シリーズ並に掛かったと思います。

更に、タッチ機能を駆使した宝探しがかなり有り、本編よりも多くの探索要素がありました。
今回の宝は幾つかのカテゴリ分けがされており、カテゴリ毎にコンプトロフィーが用意されているのですが、
シリーズ全作やってきた自分でも一種類もカテゴリを埋める事は出来ず…どれだけ多いんだ。(一応あと1つとかまでは持っていってるんですが)

さて、肝心の操作性ですが、意外とタッチが心地よい。
むしろ、コントローラー程良い操作性ではない分、タッチがその足りない部分を補ってくれていると感じました。

演出関連は流石に本編には敵いませんでしたねぇ。
今作でも崩落するエリアから素早く脱出という場面がありましたが、やはり迫力は段違いで本編の勝ち。

今作は全体的に1作目(エルドラドの秘宝)に近い作りの作品だったと思います。
中盤以降は操作にも慣れ、更にファンには嬉しい展開もあるので、買おうか迷っている方にはお勧めしたい作品だったと思います。

プラチナ取れたらレビューしようかなぁ。
関連記事
Author by 無月 / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。