スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月20日(日本時間2月21日)SONYが「PlayStation Meeting 2013」を開催



昨今、スペックのリーク等の噂が活発になってきた「次世代機」
その姿を遂に拝めるのか、SONYは2月20日に「プレイステーションミーティング2013」を開催する事を決定しました。
このプレイステーションミーティングは不定期に行われる発表会で、
2011年にはPS Vitaのプロトタイプである「NGP」が発表された場でもあります。

今回も業界関係者やメディアを集めてのイベントという事で、なんらかの大きな発表がある事は明白。
ある記事では「業界筋からの情報ではPS3後継機の発表がある」と断言しています。

遂にPS4(Orbis)が姿を現すのか、イベントが来るまでそれは定かではありませんが、
期待せずにはいられないッ!!
最近絵の方がメインになってしまってこちらの更新が全然出来ていませんが、
次世代機の情報はなるべく追っていきたいと思います。
スポンサーサイト

「PlayStation All-Stars Battle Royale」キトゥンとエメットが参戦 他にも追加キャラがいる模様



海外では今月、日本では1月31日に発売予定の対戦型パーティゲーム「PSオールスターズバトルロイヤル」
今作の発売段階での登場キャラは既に全て発表済みとなっていましたが、
今回、発売後に追加DLC配信されるキャラとして"グラビティデイズ"から"キトゥン"と、"スターホーク"から"エメット"が発表されました。

そして海外の公式フォーラムでは更なる追加キャラを決めるアンケートを実施中。
実際に追加されるかは未定ですが、選考における参考として募集中となっています。

どんなキャラが追加されますかねぇ。
やっぱりFFやMGSなどメジャータイトルから引っ張ってこないと流石にキツいですよね。

SCEの謎の予告トレーラーの正体は予想通り「Playstation All-Stars Battle Royale」でした



ここ数日幾つかの予告映像を展開していたSCE。
一番最初のトレーラーでは電気関連の演出をし、「インファマス新作か」と騒がれた今回の予告ですが、
第二弾、第三弾が公開され「あぁPSオールスターズか…」とガッカリされていました。

そして本日その予告映像の完全版が公開。
予想通りのPSオールスターの宣伝に期待していた人達は皆ガッカリした様です。

ま、分かってましたけどね。
なので単純に映像だけ楽しみました。実写の主人公達もカッコいいですねぇ。
まぁクレイトスさんには誰も勝てないんですけどね。

サイコサスペンス超大作「BEYOND:Two Souls」国内発売決定&日本語トレーラーが公開



今年のE3で発表され、一躍注目の的になったヘビーレイン開発会社のクアンティックドリームが贈る最新作「ビヨンド:ツーソウル」
今作の国内発売が正式に決定し、日本語版トレーラーが公開されました。

海外と同じく発売は未だ2013年という事で細かい事は分かっていませんが、吹き替えに関しては心配ない様子。
ノーティ新作のザ・ラスト・オブ・アスも国内発売が決まったという事で、近々日本語版トレーラーが公開されるのか、楽しみです。

リアルタイム更新:TGS直前SCEカンファレンス※更新終了

新型PS3が発表
25%の軽量化、20%の小型化に成功。
モデルは値段はそのままに、160GB→250GB、250GB→500GBになる予定。
カラーはチャコールブラックと、ホワイト。
欧州向けに12GBのフラッシュメモリ搭載の下位モデルを投下。

PSモバイルについて
スマートフォンだけでなく、様々なPSプラットフォームに向けて始動。
まずは世界9ヶ国に向け。
日本では50円から850円のコンテンツを配信予定。

そしてVita。
SCEがTGSで一番期待してほしいのはVita。
11月からVita向けPS+コンテンツを配信、1ヶ月500円、1年5000円。
PS3で加入済みの方は再加入する事なくサービスを受けられる。

PSNの話。
2006年にサービスを開始してから、現在では売り上げは2010億円を超える。
GAIKAIを買収した事で、快適なクラウドゲームを皆さんにお届け出来る。
サービスを提供出来る様に現在急ピッチで開発を進めている。

アンドリュー氏からのプレゼンは終了。

再度河野氏が登壇、国内向けサービスの話へ。

まずはPS3。
発売から6年、現在も勢いは衰えていない。
PS3に新型ブラックを10月4日に、ホワイトを11月22日に発売予定。
みんゴル15周年を記念し、みんゴル6 PS3版を同梱したバンドルパックを11月22日に発売。
値段は250GBで2万5千円と、ほぼ変わりない値段。
PS3で発売するソフトの映像を上映。
バイオ6が新型PS3と同じ10月4日という部分に注目。
「7年目を向かえ、大きな盛り上がりを迎えている」

ロックスミス、ワンダーブック等の、体感型ソフトの実演など。

ミュージックアンリミテッド等ゲーム以外のコンテンツについて。(どうでもいい…)

torne&nasneの話。(ゲームはまだか…)

やっとゲームの話。しかしPSP。
「9年目を迎えたPSP、子供向け作品も多く発売され、ユーザー層も増えた。」
なんとPSPの値下げを発表。
明日、9月20日から13800円で発売。バリューパックも16800円に値下げ。

そしてようやくPS Vita。
新作発表有りとの事。

好評だったタイトルの事や、3Gの事、PSアーカイブスなど。

PSプラットフォームは「クロスプラットフォーム」を推していく様子。
クロスプレイ、クロスコントロール、クロスセーブなど。
みんゴル6を皮切りにクロスバイも国内で展開予定。
みんゴルの場合、Vita版を2000円で提供(無料じゃないのね…)

リトルビッグプラネットでクロスプレイを実演、両方が無いと遊べないコンテンツがある様子。

Vita新色発表、コズミックレッドとサファイアブルー、発売は12月15日。(シルバーとか出してくれよ…)

Vitaの新アプリの話。
ニコニコアプリで2013年に生放送開始、コミックアプリの追加など。

遂に来た、新作発表。
まずは今後発売予定のタイトルの映像から。
Vita版CoDは12月発売。
次は開発者を呼び、SCE開発ソフトの紹介、更に映像に無かった新作発表。

まずは稲船氏を呼び、ソウルサクリファイスについて。
発売日、今冬から延期に。
クオリティアップを理由に2013年春発売へと変更。
しかし、待ってもらう代わりに冬に体験版を配信予定。
稲船氏「様々な人に触ってもらって、更に良い作品にしたい」
河野氏「SCEとしては、SFをとても大切な作品にしたい」

次にマーベラスAQLから橋本氏が登壇。
ヴァルハラナイツ3をPS Vitaで発売、2013年初頭発売予定。
スクリーンショットを公開、クオリティはPS2以上PS3未満と言ったところ。
そしてまさかの閃乱カグラ新作が発表、ビックリ。
発売は2013年2月28日。
そして最後、wiiで発売された朧村正をVitaで発売。
美麗2DグラフィックとVitaの有機ELの相性は抜群、追加コンテンツも有り。
発売は2013年3月28日予定。

次はコーエーテクモから鯉沼氏が登壇。
いきなり映像から公開。
完全新作「討鬼伝-TOUKIDEN-」発表。
美女が異形の魔物(鬼)をバッサバッサと薙ぎ倒す映像が印象的。
コエテクには珍しい和とファンタジーの融合。
PSP、PA Vitaで発売、Vita版は専用のグラフィックリソースで最高標準のグラフィックを実現。
SCEとタッグを組んで、かつてないパワーで開発中。
これだけでなく、Vita向けの作品をいくつも準備しているところ。

そしてバンダイナムコから稲垣氏が登壇。
まずはガンダムから。
PS1から数えるに、ガンダムシリーズは累計2850万本の売り上げを誇る。
最新作の映像を公開。しかし大人の事情でカメラには写らず(まぁいいけどね)
テーマは"破壊"、モチーフは"ガンプラ"(なんのこっちゃ)
ステージはジオラマをイメージ。1/144のガンダムが1/60のガンダムに挑む事も可能。

最後にバンナムの富沢氏が登壇。
ゴッドイーター2のPS Vita版が正式発表。
PSP版とのクロスプレイ/クロスセーブが可能で、Vitaも版アドホックパーティに対応。
Vita版の特徴を説明、ハードの性能を活かしたグラフィックの向上、操作性を実現。
PSP版とPS Vita版同時発売で2013年発売を予定。

カンファレンスはこんなところで終了。
Author by 無月 / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。