スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「The Last of Us」新たなプレイ映像が公開 感染者の詳細も

北米とアジアで5月7日発売、国内でも5月発売が予定されている期待作「ザ・ラスト・オブ・アス」
今作の新たなプレイ映像が公開されたのでご紹介。



今回のプレイ映像は、今まで詳細が発表されなかった感染者「インフェクテッド」との戦闘を収めたもので、
このゲームが「サバイバルホラー」だという事をこれ以上ない程に実感させるものとなっています。

更に、今回インフェクテッドの詳細も少しばかり明かされたのでご紹介。

・今回のデモには2種類の感染者がいる。
・1つは"ランナー"、もう1つは"クリッカー"
・ランナーは感染の初期段階で、所謂ゾンビの様な容姿。視覚でプレイヤーを探知する。
・クリッカーは完全に発症してしまった段階。菌に侵され視覚を持たないが聴覚が鋭く、音でプレイヤーを探知する。
・ランナーは人間と同レベルの身体能力で、素手でも対抗出来るが、クリッカーは武器を使って漸く対等。
・どちらもまだ自我を残しており、痛覚も存在している。
・気付かずに近付き、不意打ちをすれば、ランナーだけでなくクリッカーも倒す事が可能。

このプレイ動画怖過ぎるでしょう…ホラー苦手なんだけどなぁ。
ノーティのゲームだから買いますよ、仕方ないじゃない。
スポンサーサイト

VGA 2012:「The Last of Us」海外発売日が2013年5月7日に決定!最新トレーラーも公開

SCEWWSにおいて、トップクラスの技術力を誇る「ノーティドッグ」が贈る完全新規IP「ザ・ラスト・オブ・アス」
今作の海外での発売日が2013年5月7日になる事が、本日行われたVGA2012にて発表されました。

更に、圧倒的なクオリティを見せ付けるトレーラーも公開。
その衝撃的な内容に興奮する事必至です。



なんなんだこれは…
我慢出来るワケないじゃないですか!!
こんなにワクワクしてるゲームは久々、むしろここまでは初めてかもしれません。
私はグラフィックが綺麗なゲームを見るとワクワクするタイプですが、
今作はグラフィックだけではなく、キャラクターのしぐさや表情、行動など全てがハイクオリティ過ぎて、
グラフィック以上にそこに目が行きます。
このトレーラーで言うとグレネードを投げて爆発した後、身を丸めて耳を塞いだりするところですね。
あぁいう職人的なこだわりが異常なまでにワクワクさせてくれます。
ちょっと日本版の規制が心配で仕方なくなってきましたが、日本版やって話を理解した後に海外版やりますかな。
ベストは海外版にも日本語字幕(ないし日本語音声)が収録されている事なんですが。
早く日本版の発売日と吹き替えキャスト発表してくれないかなぁ。

VGAで公開される「The Last of Us」のティザー映像が公開 更に発売時期も判明?



現地12月8日に行われる、ゲームの祭典「Video Game Aword 2012」
その会場で公開予定となっている「ザ・ラスト・オブ・アス」の新トレーラーのティザー映像が公開されたのでご紹介。

映像は短いものとなっていますが、今作における主人公「ジョエル」と思われる人物が鉈を拾い、男を殺す寸前の場面(?)が映されており、
「正義の味方ではない」というコンセプトが明確に反映された映像に仕上がっていそうです。

更に、海外のストアで発売されているPSN用チケットに今作の発売時期が2013年春である事が記載されました。

TLoU-spring.jpg

春には同じくSCEのゴッドオブウォー:アセンションや、GOTY候補筆頭のGTA5などもおり、かなりの激戦区。
完全新規IPである今作がどれだけ健闘出来るか心配ではありますが、比較的早い発売で個人的には嬉しいですね。
しかし、SCEはこの記載に関して「(ウォールマートの)憶測だ」とコメントしています。
今後の続報、まずはVGAでのトレーラー公開とその他情報の公開に期待しましょう。

VGA2012にて「The Last of Us」の最新トレーラー公開を予告 新キャラの姿も

img6460_01.jpg

SCEWWS筆頭であるノーティドッグが贈る、完全新作サバイバルアクション「ザ・ラスト・オブ・アス」
今作の最新トレーラーが、毎年行われている海外のゲームイベント"Video Game Aword"にて公開される事が明らかになりました。

今回VGA2012で公開される映像では、新たな登場キャラクターも公開されるとの事。(上記画像のキャラか)

更に、今年のVGAは有名な俳優であり、過去にもVGAの司会を務めたサミュエル・L・ジャクソンが再び司会に復帰する事に。
今年のVGAは12月7日ET午後9時から放送が開始される予定となっています。

いやー楽しみですねぇ。
しかし来年のGOTYはこれで決まりかと思ってましたがGTA5がいたなぁ…しかもあの作り込み具合。
お互いの出来にもよりますがちょっと厳しくなってきましたねぇ。

「The Last of Us」について「敵は単なる射撃の的ではない」とプログラマーが語る

tlou_0001.jpg

数々の名作を産み出してきたノーティドッグの最新作「ザ・ラスト・オブ・アス」
今作ではAIに力を入れている事が前々から語られていましたが、
今回、リードゲームプレイプログラマーを務めるJason Gregory氏がインタビューに答えています。

リンク:『The Last of Us』プログラマーがAIを語る「単なる射的の的ではない」

Jason Gregory: 画面上に現れて5秒後には死んでいるような、単なる射的の的とは違うキャラクターを登場させることができるんだ。
殺した後で罪悪感を感じてしまうくらい、敵も本当の人間なんだと感じることになるだろう。
やるかやられるかという状況ではあるが、それでも後味の悪さが残るんだよ。
ゲーマーとして、それは凄く面白い感情だと思うんだ。

Ellieと敵のAIは、両方共このゲームのために一から構築されている。
アニメーション・システムなど、過去作から流用している技術もあるが、ゲーム空間を分析する敵の認識力、
次にどこに移動するかを決定する部分には、全て新しいテクノロジーが用いられているんだ。

攻撃的な行動を取ったり、こちらから身を隠してカバーや迂回といった動きをするなど、
基本的に全てのAIキャラクターには行動パターン一式が用意されている。
敵AIは、プレーヤーの行動に応じて次の行動を判断するんだ。ポーカーに似ているよ。
こちらが銃を振り回せば、敵は「銃を持ってるぞ!」と言って逃げ出すし、敵から身を隠すように行動すると、
敵にはこちらが銃を持っていることが悟られないんだ。

全ては敵の認識力に基いていて、周囲の状況に応じて行動パターンを切り替えるような仕組みになっている。
攻撃モードにある時は、仲間と協力しながらチームとして攻撃を仕掛けてくる。
プレーヤー側が有利な立場にある時は、パワー・バランスがシフトして、敵もカバーを多用したり、裏に回りこもうとしたりしてくるんだよ。


主人公の相棒として行動を共にする少女Ellieにも、優秀なAiが用いられているとGregory氏。

Jason Gregory: Ellieはとても役に立つ相棒だ。
ある意味、彼女はパワー・アップのような存在だと考えている。彼女と離れて行動する時は、
敵がとても手強く感じられるようになるし、彼女がいてくれたら、と感じるようになるだろうね。


やはりかなりAIに力を入れている様ですね。
個人的に、AIに力を入れているゲームは幾つかあったと思うんですが、
更にそこに個々の行動専用アニメーションを組み込んだ作品はほとんど無かったと思うんですよ。
そこが人間臭さを強調してるんだと思います、本当に楽しみな作品です。
Author by 無月 / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。